歯周炎の症状

ホームへ戻る >  歯医者さんも勧めるデンタルグッズ  > 歯周炎の症状

歯周炎の症状歯医者に行くと必ずと言ってもいいほど目にするのが、歯周炎(歯槽膿漏)のポスターやパンフレット。自分はまだ若いし関係ないとか、歯は強い方だから大丈夫、と思って目にもとめない方も多いかと思います。でも実は、現在日本人の約8割は歯周炎や歯肉炎を含む歯周病にかかっていると言われており、他人事ではいられない病気となっています。歯周炎とはどんな病気なのでしょうか。


歯周炎とは、歯を支える歯周組織が、歯垢に含まれる歯周病菌に感染し、歯肉や歯槽骨を破壊する病気です。歯の表面に歯垢や歯石がたまり、歯周病菌に侵されるようになると、歯肉が腫れ、歯磨き時に出血するなどします。それほど気になるようなものではないので、この段階で気づき、歯医者へ行く方はなかなかいません。さらに進行すると、歯槽骨が溶け出し始めます。歯がグラグラしてきて、歯肉の腫れや出血、口臭もかなり気になるレベルになります。最終的には、歯槽骨が完全に溶かされてしまい、歯が抜け落ちることになります。

歯周炎の怖いところは、初期の段階では症状があまり現れず、知らない間に進行しているケースが多い点です。また、一度溶けた歯槽骨を元に戻すことは難しく、進行してからでは治療の仕様がないという点です。実際、歯を失う原因の第1位は、虫歯を大きく引き離し、歯周炎となっています。歯肉が腫れる、出血するなどの自覚症状が少しでも見られたら、手遅れにならないうちに、すぐに歯医者を受診することをお勧めします。