ドリルも麻酔も必要ない歯科治療

ホームへ戻る >  歯医者さんも勧めるデンタルグッズ  > ドリルも麻酔も必要ない歯科治療

ドリルも麻酔も必要ない無痛治療歯科では患者の負担をできるだけ軽減できるような治療が続々と登場しています。とくに初期の虫歯では再石灰化を促すことで自然に治るよう促したり、ドリルや麻酔を使用することなく治療できる方法が導入されています。歯科が苦手な人の多くはドリルで歯を削ったり、歯茎に麻酔注射をすることに拒否反応を覚えていることでしょう。そんな人はドリルも麻酔も使用せずに済む無痛治療がオススメです。


初期の虫歯の治療に用いられる無痛治療のひとつがカリソルブ。これは次亜塩素酸ナトリウムに3種類の溶液を混合したカリソルブ溶液を虫歯部分に使用することで行う治療法です。最大の特徴は虫歯に感染した部分だけに作用し、象牙質を溶かすことができる点。そして柔らかくなった象牙質を特殊な器具でかきだして除去するのです。

象牙質に塗布したカリソルブ溶液は30秒ほどで作用を始めるので時間もそれほどかかりません。虫歯部分を除去したら水洗いし、改めて虫歯部分が残っていないかを確認したうえで詰め物を詰めていきます。


この過程を見ても分るように、治療にドリルや麻酔を使用することは一切ありません。痛みや不快感を感じるかどうかは人それぞれですが、ほとんど無痛で受けられる人が多いのです。そのため子供や高齢者、歯科に対して恐怖感を持っている人に適した治療法といえます。さらに高齢者など在宅での治療が求められる患者にも使用されています。この治療法は手軽さと負担の少なさもあり、今後歯科で積極的に活用されていくことが予想されます。無痛治療のひとつとして覚えておくとよいでしょう。