歯科治療にはリラックスして臨もう

ホームへ戻る > 歯科治療にはリラックスして臨もう

歯科治療の際の嘔吐反射の対策
歯医者の静脈内鎮静法のポイント
歯医者の検索を利用しよう
都道府県で歯医者を検索
賢い歯医者の検索方法

歯科での治療を嫌がる人の中には、過去の痛い経験がトラウマとなってしまっているケースが多いようです。とくに多いのが麻酔に関わるトラウマ。たとえば麻酔の注射そのものがすごく痛かった、あるいは麻酔がほとんど効かずに治療の痛みに我慢しなければならなかったというケース。無痛で治療を受けるためには、この麻酔の問題を克服することが重要となります。


とくに注意したいのが麻酔が効かないケース。麻酔そのものの痛みは表面麻酔や極細の注射針といった無痛治療で比較的容易に克服することができます。しかし麻酔が効くか効かないかは体質的な問題があるほか、精神面も大きく左右します。

麻酔が効かない体質の人は専門の口腔外科にあらかじめ診察してもらう必要がありますが、精神面が問題の場合は麻酔が効きやすい精神状態を心がけることが求められます。


麻酔が効きやすい精神状態とはどのようなものなのでしょうか。簡単に言えばリラックスした状態のこと。過剰に緊張し、不安に晒されていればいるほど麻酔は効きにくくなります。過去のトラウマで恐怖心にガチガチになってしまっている場合はとくに効きにくくなるのです。麻酔のトラウマでますます麻酔が効きにくくなってしまう悪循環に陥ることもあるわけです。無痛で治療を受けるためには、まず恐怖と不安を減らし、リラックスした状況で臨む必要があるのです。実際、同じ歯科で同じ麻酔を使用したにも関わらず一度目と二度目では効き目が全然違ったというケースもよく見られます。ですから事前に治療内容を詳しく説明してもらい、不安や疑問をできるだけ解消しておくこと、歯科医との意思疎通をしっかり行い信頼関係を築いておくことなどが重要な鍵となりそうです。無痛治療を希望する場合にはこうした点も考慮に入れておくとよいでしょう。