歯医者の静脈内鎮静法のポイント

ホームへ戻る >  歯科治療にはリラックスして臨もう  > 歯医者の静脈内鎮静法のポイント

無痛治療の中でも最高の選択肢と言われ、注目されている静脈内鎮静法。現在歯科の分野でこれよりも優れた無痛治療はないとも言われています。あらかじめ静脈内に抗不安薬や鎮静剤を注入することで痛みを和らげることができます。なお、治療に対する直接の麻酔方法ではなく、これを行った後に改めて局所麻酔を行うことになります。ただ、麻酔注射の痛みを感じることはほとんどありませんし、意識がぼんやりしているので恐怖心などを感じることもありません。


この静脈内鎮静法は無痛治療としてだけでなく、歯科治療が苦手な人にスムーズな治療を提供する方法としても優れています。

たとえば嘔吐反射。口の中に物を入れられるだけで嘔吐の反応を示してしまう人にもこの方法は適しています。意識がぼんやりした状態になるため、過剰な反応が見られなくなるのです。


治療の恐怖心や不安を和らげる方法としては全身麻酔もあります。ただこちらの場合は麻酔の量や健康への影響などを慎重に見極めなければならないなど、安全面や患者への負担にやや不安を残します。その点静脈内鎮静法なら生体モニターを使用して健康状態を確認しながら治療を行うことができますし、体への影響も最小限、高齢者に対しても安心して使用することができます。無痛治療に留まらず、歯科治療をより安全に、患者への負担を軽減させることができる静脈内鎮静法。歯科治療のイメージそのものを変える魅力を持った治療方法といえるでしょう。