歯の健康を維持できる矯正治療の方法

ホームへ戻る >  矯正までの流れ  > 歯の健康を維持できる矯正治療の方法

非抜歯矯正をすることによって、健康な歯をそのまま残せます。非抜歯矯正をする意義として最も大きいのは、この健康な歯を残せることです。永久歯になってしまうと、ひとたび歯を抜いてしまうと再び成長することはありません。歯を抜いてしまえば、入れ歯やブリッジを使わないといけなくなってしまいます。そのままにしておくと言う方法もありますが、そうなるとほかの歯に負担がかかってしまいます。


抜けた状態でそのままにしておくと、まず相対している歯に影響が出てきます。下の歯が抜けている場合に上の歯で顕著になるのですが、歯が下に降りてきてしまいます。また抜けた歯の隣の歯にも影響が出ます。抜けている所に向かって、歯が倒れるような感じになってしまいます。その結果、歯並びが逆に悪くなってしまう可能性が出てきます。

その他にも、永久歯を抜歯する歯列矯正をする時には、奥歯への影響が深刻になると言われています。なぜなら、奥歯が前方の方にそのままの状態にしておくと、ずれてきてしまう可能性があります。そこで、前方に奥歯が移動しないようにするためにいろいろな処置を講じる必要があります。しかし歯を抜かない非抜歯矯正であれば、そのようなリスクを気にすることなく、治療を続けられます。


できるだけ健康な歯を老後まで残そうというキャンペーンを、国を挙げて実施しています。健康な歯を温存できるということは、非常に大きなメリットがあります。非抜歯矯正ができるのであれば、非抜歯矯正で歯並びを良くすることです。