歯周病と糖尿病

ホームへ戻る >  矯正までの流れ  > 歯周病と糖尿病

糖尿病を患っている人は歯周病になりやすいと言われています。口内の衛生状態が原因で発症するため、糖尿病は一見の何の関係もないように思われますが、調査によって糖尿病患者はそうでない人に比べて糖尿病になりやすいという結果が出ています。あるデータでは健常者に比べて2.3倍ものリスクを抱えているといいます。


その原因として挙げられるのがまず免疫機能の低下。糖尿病にかかると白血球が減少してしまうため、歯周病の原因となる細菌の繁殖を防ぐことができなくなり、症状が進行してしまうのです。それから唾液の減少。これは虫歯との関係でもよく指摘されることですが、糖尿病によって殺菌作用を備えている唾液の量が減少してしまい、細菌の繁殖を促してしまうのです。矯正歯科で口内のクリーニングなどを行っていても糖尿病を抱えている場合は十分な効果を得られない場合があるのです。"

しかし糖尿病との関わりはそれだけではありません。逆のパターン、つまり歯周病が糖尿病を悪化させてしまう可能性もあるのです。歯茎に炎症が起こった場合、「TNF-α」という物質が産生されます。この物質は体内のインスリンの働きを阻害する作用が備わっていると言われており、それによって糖尿病を悪化させてしまうのです。


このように、糖尿病が歯周病の原因となり、また糖尿病を悪化させるという悪循環が生まれることになります。ですから糖尿病の治療と歯科医院での対策を同時進行が必要になるのです。


歯周病と糖尿病はともに初期は自覚症状に乏しく、予備軍が多いという特徴があります。知らず知らずのうちに両方を進行させてしまっている場合も考えられます。内科と矯正歯科両方での検診や予防が求められます。