賃貸にかかるお金

ホームへ戻る > 賃貸にかかるお金

賃貸の家賃、どのくらいが適正?
家賃の高すぎる賃貸に住んだ場合、どんなトラブルが起こる?
注文住宅の坪単価には要注意
ボリュームディスカウントを考慮した注文住宅コストダウン
注文住宅コストダウンを実現するテクニック

賃貸を借りるためにかかるお金には、どんな項目があるのでしょうか?どんな項目でどのくらいかかるのかが分からなければ、資金計画も立てづらいですよね。ここでは、賃貸を借りるときに発生する費用について紹介してみたいと思います。


まず、敷金と礼金。関西では保証金と言われることも多いお金で、預けておくことで、退去時に必要な補修工事の費用や、家賃を滞納した場合などにその支払にあてられます。これは、一般的に数か月分の家賃に相当します。そして、家賃の支払いが前払いとなっている場合は、前家賃として支払います。

その他必要な初期費用は、仲介手数料や保険料、鍵交換費用など。仲介手数料は不動産仲介をしてくれた業者に払うもので、保険料は火災保険の費用。鍵交換費用は、入居時に防犯対策として鍵を換えるための費用です。そのほか、借りている途中に契約を更新する場合には更新料、更新手数料などがかかってくるのが一般的です。


こうして見ると、賃貸を借りるには、家賃数か月分の出費を最初にしなくてはならないことが分かります。金銭的な負担は決して小さくはありませんが、それを払っておくことによって、退去時に追加徴収がないと思うと良いと思いませんか?実際に敷金・礼金なしの賃貸もありますが、その場合には退去時に原状回復費用を払わなくてはいけないこともあります。その方法と比べると、最初に払っておいたほうが気持ちが楽という方は多いのではないでしょうか。