家賃の高すぎる賃貸に住んだ場合、どんなトラブルが起こる?

ホームへ戻る >  賃貸にかかるお金  > 家賃の高すぎる賃貸に住んだ場合、どんなトラブルが起こる?

賃貸に住むときの家賃の目安は、手取り月収の15%~20%と言われます。でも、生活において重要とする項目は人によって異なりますよね。住む場所にお金をかけたい人もいれば、食べるものにお金をかけたい人も、服などファッションにお金をかけたい人もいます。そんななかで、家賃の目安を超える賃貸に住んだ場合、どんなトラブルが想定されるのでしょうか?詳しく見てみましょう。家賃の目安を超える賃貸に住んだ場合、当然ながら家計に対する負担が大きくなります。

そこで、圧迫されるのは日々の食費や被服費、レジャー費などの項目。つまり、長期休暇であっても旅行にいけなかったり、なかなか外食にいけなかったり、といったことが想定されます。もちろん、家族のなかでの優先順位として「住宅にかける費用」が一番であれば、さほど問題にはならないのかもしれません。


ですが、住宅にお金をかけすぎると、まわりに住んでいる人はみんな生活レベルが違う人、ということになりかねません。つまり、ご近所づきあいをするなかで、生活レベルの違いから気を遣ってしまうといったことも想定されます。ご近所づきあい以外の部分でも、マンションであれば定期的に修繕工事が行われますが、そのときに関する考え方も合わないなど、さまざまな部分でギャップが出てくることが考えられます。もしも、家計における家賃の割合が高い賃貸に住む場合は、こうした問題についても想定しておくほうが良いですね。