注文住宅コストダウンを実現するテクニック

ホームへ戻る >  賃貸にかかるお金  > 注文住宅コストダウンを実現するテクニック

注文住宅は建売住宅と異なり、全体のコストという壁をクリアにする必要が出てきます。特にローコストな注文住宅の実現となれば尚更です。見積書の内容を確認し、比較的こだわりのないところをコストダウンの対象に考えていくと良いでしょう。設計図面の完成前に考えることは、なるべくオープンな間取りにすることです。


オープンな間取りは間仕切りを減少させますので、ドアや壁の材料費、工事の人件費、スイッチや照明やコントの数を減らすことができます。ローコストの注文住宅の建築を考えると、家の形をシンプルなものにする方が良いでしょう。材料費と人件費を減らすことがコストダウンのカギとなるのです。

水を使って外壁のモルタルを塗ったり珪藻土を塗るような湿式工事ではなく、乾式工事を採用すると工期を短縮出来ます。外壁をサイディングなどにして内壁をビニールクロスなどにしていきましょう。


注文住宅をローコストに仕上げるためには、既成品の家具を購入してそのサイズを活かすように設計していきます。作り付けの家具は現場で寸法を合わせて作ることから、人件費の高騰につながります。それから後々の責任問題を考慮して、支給を受けるのは照明器具やエアコンくらいにしておきます。現場監督との信頼関係を作るようにし、内容をしっかりと固めていきながら打ち合わせをしていくようにします。最初に設計者に予算を伝えて、現場とのやり取りの中からトータル的なコストダウンが図れるようにしていくと良いでしょう。