注文住宅で費用を抑えることはできる?

ホームへ戻る >  注文住宅の価格を決める要素  > 注文住宅で費用を抑えることはできる?

全く白紙の状態から設計やデザインを考えて、納得がいくまで細部にまでこだわって立てた注文住宅は、マイホームが完成するまでに時間がかかるだけではなく、マイホーム建設に携わる人たちの労力やコスト、材料費なども多くかかってしまうため、最終的な住宅の価格はとても高くなってしまいます。


あこがれのマイホームを注文住宅にする場合でも、プロセスの中で費用をできるだけ抑えるように工夫や努力をすれば、予算内で注文住宅を完成させることも夢ではありません。


住宅を建てる際には、建売住宅でも注文住宅でも、もっともコストがかかるのは材料費。キッチンのカウンターを大理石にしたいとか、外観はレンガにしたいとか、業務用仕様のキッチンが欲しいとか、夢が膨らめば膨らむほど、その材料費も高くなっていきます。

建売住宅の場合には、基本的に坪単価が決まっていて、家の広さに合わせて価格が決まります。しかし、完全オーダーメイドな注文住宅の場合には、坪単価を安くすることなんてできませんから、材料費を抑えることも費用を抑えて住宅の価格を予算内に抑えることにもつながります。


また、お金をかけたい部分と、あまり気にならない部分とのメリハリをつけることも必要です。あまり必要ないなと思った部分はできるだけシンプルにお金をかけないのも悪くないのではないでしょうか。すべてにお金をかけてしまうと価格も高くなってしまうので、価格も高くなってしまいます。ロケーションを妥協するとか、材質を妥協するとか、間取りやデザインを妥協するとか、妥協できる点はたくさんあるはずです。