注文住宅の価格と予算

ホームへ戻る >  注文住宅の価格を決める要素  > 注文住宅の価格と予算

夢のマイホームを注文住宅として立てるには、もちろんコストがかかります。注文住宅の価格を決める要素には、家族構成、広さ、外観、内装、ロケーション、デザイン、材質などいろいろなものがあります。しかし、その前にもっと大切なことがありませんか?そうです、自分にはどのぐらいの予算があるのかということです。


注文住宅の価格は、予算に合わせて調整していきますが、最初に予算を決めておかなければ何も始まりませんよね。家だけでなく、建物を建てるための土地も、もちろん必要になりますし、価格に土地代も含めておかなければいけません。

「注文住宅の予算」「ターゲットにする価格」とは、ずばり、住宅ローンでどのぐらいの金額を借りることができるのか、によって異なります。融資をしてくれる銀行の中には、支払い能力ギリギリまでマックスに融資をしてくれるという金融機関もあります。


しかし、長い人生の中で、住宅ローン返済のために働き続け、毎日の生活をまったく楽しめる余裕すらないというのは、自分にとっても家族にとっても悲しすぎます。そのため、収入と支出を計算し、毎月どのぐらいの金額なら返済可能なのかを算出しましょう。そこから、注文住宅にかけられる予算、価格の目安を付けていくとよいでしょう。


ちなみに住宅ローンでは、基本的に年収の7倍を目安に融資額が決められます。ただし、この数字はマックスの金額なので、自分自身のライフプランに合わせて余裕のある予算組をするようにしてくださいね。